正法眼蔵を読み始めたきっかけ

わたしが「正法眼蔵」を読むことになった始めに、南直哉氏が在る。
何年か前、仏教を本格的に学び始めた流れの中で南氏を知り、彼の、現象を言語で切り取る鋭さにたいへん魅了された。
中でも、強くわたしを捉えたのは、仏教徒として在ることを「賭け」であるという言い方だった。
何かを定めて信仰することを強く求めながらも、生来の懐疑的思考ゆえにできかねていたわたしにとっても「チップを張る」とはまさにそうだなぁと、そして、そこを張り切れずに右往左往の自分の先達として見習おうと思った。
ただ、深く信用している友人にその話をしたら「信仰なんだから賭けてはダメでしょう」といわれ「あれ?」と疑問符が付いて、熱狂していたのが剥がされた感じになった。
ちなみに今のわたしは、やはり「賭け」てはいけないと思っている。
確信を得て、賭けなくても済むようになるまで自分で考えるのが信仰については筋ではないかと、今は素直に思っている(ただ南氏の場合、仏教徒であることにチップを張らなければ死を選んでいただろうという切迫した状況があったと著書で読んだので、考えている余裕はなかったのかもしれないが…)
小さな疑問符がついたといっても、その頃は、夢中で著書を読んで、月一回赤坂で開かれる「仏教私流」と題した講義に通っていた。
この講義がまた、南氏が鋭い言語感覚で次々と明らかにされるこの世界の在り様が、わたしが認識している世界とよく重なって「そうだそうだ、これだよこれ、まさにこのように言いたかったのだ!」と興奮しながら受け止める刺激的な時間を過ごしていたのだけれども・・・
ある時、仏教の根本的な教えに関する言葉の説明について、それは違うのではないかと思うことがあり、疑問を解決するべく、ご本人に質問することも含めて、わたしとしてはいろいろと試みたが、どうしても解決することができなかった。
ここで「正法眼蔵」に戻ると、その頃、南氏に影響を受けて当然のように道元禅師にも興味を持っており、南氏の著作「正法眼蔵を読む 存在するとはどういうことか」を読み始めていたが、南氏の説明について出たわたしの疑問が仏教の教えの根本的なところだったので、そこを解決できないまま南氏の見解を通じて道元禅師を理解するのはどうかと思うのと、むしろ南氏から離れて、南氏にとっても源であるところの道元禅師を理解したほうが南氏に対する疑問を解くことにつながるのでは、と思うようになり、それなら「正法眼蔵」を自分で直接読んだほうがいいんだろうなーと、ぽろっと口に出したところ、たまたまそれを即座に拾い上げる人が向かいの席にいて、あれよあれよというまに読書会立ち上げに至った次第。
読書会の方は開店休業中で、遅々として進んでいないのだけれども、これがあるおかげで、いろいろな勉強が進んできた。
現在、勉強を始めた頃には思いもよらないような境地に至っていて、振り返るとしみじみする(悟りに近づいたとかそういう深遠な話ではありませんが)。
とりあえず、南氏に関する疑問は未だ解けないままだが、ここまで導くきっかけとなっていただいたことに感謝して、疑問の解決はあきらめて先に進もうかなと思うこの頃なのでありました。

観世流 初心者入門教室 受講記

2月から3月にかけて、観世能楽堂で行われる初心者向けの謡と舞のお稽古に参加してみた。前出の能楽堂でのイベントのときに、ちらしを見て知り、能楽堂の二階の舞台(練習用)でお稽古できるというところにひかれて、思い切って申し込んでみた。
といいつつ行く前は、いきなり参加してついていけるものなのか不安で(何しろ、能についての体験も知識もほとんどない上に、生来、異様に硬い体を持つ身なので、身体を使うことについても不安が・・・)担当者の方にメールで何度も問い合わせたりしたが、そのつど丁寧なお返事を頂き、最終的には「当日は、足袋さえお持ち戴ければ何も問題ありません」との言葉に励まされ、参加を決めたのであった。
結果的には初めの不安はまったくあたらず、初日からとても楽しく有意義な時間を過ごすことができた。
この教室は、まさにわたしのような人が「体験」することを主な目的といて行われているのだと思う。だから厳しいことはいっさい言われない。
といっても内容が薄いわけではなく、押えるべきところはきちんと伝えようとされており、濃密な時間を味わえる。随所随所の先生のコメントが的確でわかりやすく、こぼれ話もおもしろい(ただ、先生によるとのお話も聞きました。わたしが参加した教室は和やかな雰囲気だったらしいので、体験といえども厳しくされる先生もいらっしゃるのかも)
また、何といっても、能楽師の方の謡を、音で身が震えるほどの間近で聞くことが出来るというのがすばらしい。
わたしは初日に先生のお手本の声の第一声が響いた瞬間に「ああーこれだけで来た甲斐があったわー」とうっとりとしました。
結局、毎回、家でのおさらいなどはほとんどせずにぶっつけ本番でのお稽古の時間になったけれども、見よう見まねで舞台の檜の板の上を摺り足摺り足しているだけで、何かしらの気分が上がってくるのを体験した。
また、謡に関しては、未熟ながらも、腹から声を出すことを意識しながら思い切り声を出していると、自分が何かが通り抜けていく道になっているような気が・・・。錯覚かもしれないが、自分の体験として味わうことができて興味深かった。熟練しなくてもこれを味わうことができるのはそれだけ強力な型なのだなぁと思った。
楽しい二ヶ月間でした。
今後ずっと続けるときっといろんな発見がありそうだなぁと思うが、体験入門の次の段階の団体のお稽古はないそうで、いきなり個人のお稽古はちょっとためらう・・・のと、四月からは別口で新しいことを始めることにしたので、とりあえず続けるのは保留中。
でも、自分に合った身体作法のひとつの候補として、考えてみたいと思うのでありました。

「かぐや姫の物語」

高畑勲氏の作品に、過去、共感できたことがなかったので「かぐや姫の物語」も見に行くつもりはなかったが、ありえないような映像美と聞いて、それなら見ておくか・・・と。
結果は、盛大な期待はずれに終わった。
映像は、それは、普通ではないような手間がかかっているであろうことをうかがわせる。そして過去ありえない斬新な手法、なのかもしれない(よくわからない)。しかし、わたしにはただの動く絵だった。そこに圧倒的な美のオーラというようなものは全く見出せなかった。
唯一、冒頭のかぐや姫(竹の子)が出現したときの笑顔は、そのまじりのない清浄さに心を奪われ、期待が膨らんだが、一瞬にして終わった。
見始めてすぐにわたしの心に浮かんで、終わるまで去らなかったのは「意図が透けて見える」という感覚である。
わけのわからないものと格闘した挙句、無意識のところから出現した何か、とわたしは出会いたい。でも、この作品は始めから「これを」と作者が示したいものがただ示されているだけに思える。こういうのを思想的な作品というのかな? わたしは作品に思想を持ち込むヤツはキライだ。そして彼が示すものが、やっぱり、わたしの思いとは真っ向から対立するわけですな・・・。
ところどころ、感情が揺さぶられて涙がにじむようなところもあり、そこそこに感情移入もしたからこそ、よけいに「透けて見える」という感じが、座りの悪いものとして残ることになった。
わたしが気に入らないのは里山の暮らしが是、都の暮らしが否、また、天人の世界が否、人間の感情が穢れではなく是、の単純化、だいたい、始めの主張と後の主張は矛盾しているのではないかと思う。人間の感情が是ならば、都の暮らしは是、だと思う。都というのは人間の感情が行き着く先でしょう。里山(自然の中)での暮らしは、美しいばかりではないから、人が心安らかなることを求めた結果、表出するのが都(都会)という場所であるわけだし(もちろん、現状の都会が行き過ぎているという問題はあるにせよ)。
また人間の感情が穢れであるというのはある側面では是だし(人生は苦であるわけですからね)、穢れであるという主張をただ否というのは浅いよ。
穢れではあるけれども、それが人間なのだと受け入れるときに愛が生じる。そう、愛だよ、問題は。この作品のどこにも愛を感じない。物語の中の登場人物の間にも、作り手の動機としても。なんだかわからないが、あふれ出てきて偏在するに至るものがない。ただ、意図が透けて見えるだけ。
結果、つまらなかったという感想に至ったわけでした。

『能はこんなに面白い』刊行記念イベント 於観世能楽堂

イベントの構成は、観世流宗家による仕舞「井筒」から始まり、贅沢にも宗家直々に謡の指導(!)、内田樹氏の合気道演舞(解説付き)、休憩を挟んで、松岡心平氏が合流してのトークと、盛りだくさんの二時間だった。
イベントに行ったのは内田氏が目当てだったので、能に関しては何も知らないに等く、よくわかっていなかったけれども、実は何気にすごい内容だったのではないかしら、と、終わってからいろいろと調べてみて思ったり(能楽堂で宗家直々…)。
まぁ、ほんとに何も知らなくて。どれくらい知らないかというと、仕舞って何? なるほど「能の一部を面・装束をつけず、紋服・袴のまま素で舞うこと」ですか、てな具合。
もう少しウィキペディアから引用してみると「伴奏は地謡のみによって行われ、装束・面は用いず、紋付袴か裃などで演ずる。演者は、本来の指定にかかわらず最初の一句を坐ったまま謡い、次に立ち上って舞い、最後に打ち込みと呼ばれる型を行って坐って一曲を終える。謡はほとんどを地謡が取るが、なかには演者との掛け合いになっているものもある。上演にあたっての時間はきわめて短く、平均で十分程度、長くても二十分ほどのものである」とのことで、確かにその通りだったなぁと思い返す。
能をまったく観たことがないというわけではないが、とても久しぶりで、今更ながらだが、というか、今となってみれば、とても興味深い体験だった。
宗家による仕舞が始まった瞬間、これは、個を世界に向かって開くことによって現出するものを観るという意味において、瞑想と同種のものだなぁと、わたしは思った。
内田氏の解説によると、能舞台には空間の濃淡のようなものがはっきりあるといい、それを感じながら演者は動く、ということで、そういうものをわたしの身体感覚ではまったく感じることはかなわないが、宗家の動きを導くものは、確かに、内ではなく外にある、ということは観ていて感じた。
よく描かれた絵画のように、動きのひとつひとつが世界のあるべき場所にはまっているということがわかると、以前なら眠気を誘うしかなかった静かな動きが緊張感に満ちていてひきつけられる。
素人考えだが、同じ伝統芸能でも、歌舞伎とは演じる動機が違うのだなぁと思った。能は演じるというよりも作法なのかな(というようなことを内田氏が常々おっしゃっているような、実は著作の刊行記念のイベントに行っているのに、まだ著作は読んでいないという片手落ち)
歌舞伎はまさに文学表現で、この世界の現象のエッセンスを形にしているのであり、でもそんな歌舞伎の中でも、現象から跳んで世界そのものを体現するようなタイプの演者を、わたしは好んできたのだけれども、こうしてみると、能とは、わたしがあらゆる表現に求めているものそのものを、直接現前させるための研ぎ澄まされた方法なのか? うーーーむ?? ちょっと興味津々になってきた。
今回、初めて見知った観世流宗家は、軽やかにお話になる気持ちのよい方で、ますます興味が津々・・・。
そして今回、強く思ったことは、能も合気道も、見ているのでは蚊帳の外、自分でやるのが何よりかー、きゃー・・・・・・(腰の重いわたしなので、そうは言っても、よし、お稽古に行こう!という覚悟がねぇ…)。

「オームシャンティオーム」

ついでに、4月に見た「オームシャンティオーム」の感想も。
こちらは「きっと、うまくいく」とは反対に、ボリウッドのためのボリウッドという態の作品。しかも、かなりトリヴィアが多くて、この作品を完全に楽しむのはふつうの日本人にはほぼムリ…と思います。
そこはあきらめても、全編、きらきらしい色彩に目を奪われつつ、パーッと楽しむことは可能なパワーはある。ただ、いつものドバーっと流れ出す感情の嵐はなしで終わった。
歌がよかった。初めて聞くのに、しばらく聞いていると一緒に歌い出す衝動を抑えきれないほど馴染むのがとても楽しく、サントラ盤が欲しいと切に思ったが、国内盤の発売はないとのことであった・・・。残念。(もちろん、インドでは発売されているだろうから輸入盤を買えばいいのですが)

「きっと、うまくいく」

どういう構えで生きれば、幸せであるという手応えを得ることができるのか、素直に、明快に描いた気持ちの良い作品だった。
インド映画がうちの近所のふつうの映画館でロードショウ上映されている!と喜び勇んで行ったところ、客の入りがけっこうなことになっていて(レディースデイを差し引いても、平日の昼間なのに、板橋なのに、こんなに人が…)さらに感激。
確かに、歌も踊りもありつつ、見てくれのマサラ臭は弱めで、強い印象のボリウッド映画が苦手な人でも楽しめる汎用性を感じた。
でも、インド映画の肝はちゃんと押さえているという感触が冒頭からあり(目に入ってくる印象が、伝統的なインド映画に連なる感じ)そこらへんのバランスが絶妙。
いい作品でした! ぜひとも日本でDVD化を!! 出たら買う!

(ちょっと時期がずれる話題ですが・・・)
今年は東京国際映画祭に、行かなかった。
今年に入って見る機会が増えてインド映画見たい欲が例年になく満たされていた上に、今年から映画祭のチケット購入方法変更でぴあでは買えなくなり、新しいシステムに入会するのが面倒だな…と思っているうちに終わっちゃった。
国際映画祭の関連で「オームシャンティオーム」が上映されていたのにはぜひとも行こうと思っていたが、そっちは当日体調不良でダウン。
まぁ、今年はそういうご縁ということで。